“空のココロ”を感じて 

“風のキモチ”になる

風になったつもりで

イメージをふくらますと・・・

海を吹きわたって

陸をかけぬけ

山々に出会い

時に雲をわきたたせ

その雲が、雨や雪をふらせます

 

空は、わたしたちに

いろいろなことを知らせてくれます

 

今日は暑くなるよ

雨が近づいているよ

雲も、朝焼けも夕焼けも、

ひとつとして同じものはないんだよ

明けない夜はないんだよ

 

いつでも空は

わたしたちの上=ココにあります

空のココロを

もっと感じられるようになりたい

それをみなさんにおつたえしたい

 

それが、みなさんの日々のくらしに

ほんの少しでもお役に立って

たいせつな人たちの命を守ることに

つながってくれますように・・・

 

 

気象予報士として 防災士として 母として

わたしの代名詞となる

“soracoco(ソラココ)”

そんなおもいをこめたことばです